PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ネコ騒動 その2

31日にツレが外に出たとき、何気なく階段下の様子をうかがったとき、何か視線を感じて目線を上げると、置いてある荷物の上に2匹の仔猫がひょんといて目線があったという。吃驚したツレはそそくさとその場を離れてしまったが、きのう、きょう生まれたばかりの仔猫ではないという。

ここにいたっては仕方ない、覚悟を決め階段下の荷物を片付けがてら、仔猫を保護することにした。午後からツレはその作業にでかけた。(後からツレから聞いた話)

近所の主婦仲間が応援に来てくれたという。荷物を片付け始めてすぐ母親猫が飛び出してきたが、遠くから様子をじっと見ていた。なかなかの美形猫で授乳期間中でありながら痩せこけた風ではない。仔猫たちは大鉢のなかに植木を冬期間保護する蓆を細かく裂いて敷き詰めたなかにいたというから、猫にとっては格好の環境だったよう。

仔猫を一匹ずつペットボックスに移していると、カラスが気づいてすぐ間近かに降り立ち、じっと様子をうかがっていた。そうか、カラスにとって仔猫は格好のエサなのだな。大鉢の4匹をペットボックスに移動して、ツレはそのまま動物病院へ向かった。健康体かどうか、また生後どのくらい経っているかを診てもらうためだ。

診たては、栄養状態はとてもよく健康そのもの。また体重から類推すると生後1か月ほどか。性別はまだ確定できないが、どうも4匹とも雄のようだ。それからまた自宅へ戻ると、手伝ってくれたひとりが、たいへん、仔猫はあと2匹まだいて、母親猫が咥えてどこかへ連れていった。カラスがまた仔猫を狙っていたからどうなったか判らない。

夜7時に店を閉め自宅へ戻ると、母親猫が車庫入口前(階段下の横)に座っていた。そうか、この猫が母親なのか、仔猫を心配してここにいるのだな。母親はすぐ近くでこちらを見ている。おいでと呼ぶがもちろん寄っては来ない。まだ若そうな猫だ。

家に入り初めて仔猫をみるが4匹は折り重なったまま寝ていた。トラ縞と前回書いたが、そうではなく、サバトラかキジトラの中間あたりか。いつまでもペットボックスというわけにもいかないので、ケージのなかにダンボールハウスを入れてと思っていたら、ケージが見当たらない。やむなくケージを買いに走る。

家に戻って(母猫の姿はなかった)ケージを組み立てるの見ながらビールを呑む。ああ、やれやれと思ったが、これで終わらない。

★お知らせです★

土曜の夜は『くすみ書房 夜トーク』

6月8日(土)夜8時30分→9時30分
CAPO大谷地 / くすみ書房大谷地店2階 【観覧無料】
地下鉄東西線「大谷地駅」直結隣接 / 札幌市厚別区大谷地東3-3-20

杉村悦郎×中野朗 / テーマは『作家・山口瞳と新選組・永倉新八の裏の裏の裏話』

スポンサーサイト

| 未分類 | 17:26 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。