PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

人生途中下車

9月に入ったからというわけではないだろうが、朝晩はめっきり涼しくなってきた。明け方になるときまって足元に置いてある夏掛け布団をかけるようになったし、あれだけうるさかった蝉の鳴声もついにやんだ。代わって秋の虫たちの出番である。ただ、毎日のように降る雨に人間同様、虫たちも辟易しているようだ。鳴声に生彩がない。

きのうの竜巻にも驚いた。竜巻もすっかり日本に定着してしまうのだろうか。ここんとこ天気予報の決まり文句は、大気の状態が非常に不安定というもの。

状態に“ヒジョーニ”と形容詞がつくのが、なんとも気持ち悪くなるほど、雷鳴、スコールのような突然の激しい雨が日常になっている。その最たるものが竜巻なのだから、正直言って怖い。

きのう、たなかよしゆきの詩集と文集の2冊同時に届いた。詩集は『生活記抄』(編集工房ノア)、文集は『人生途中下車あるいはクモの思想』『文文舎』である。

たなかさんの詩集はネットで結構見つかるのでこれはネット注文。文集はなかなか見つからないので、これはたなかさんにまだ在庫あれば譲ってほしいとお願いしたもの。

「人生途中下車」というのに弱いんだよ。自分も52歳で選択定年を選択した思いがあるからだろうね。さっそく読んでみると、たなかさんは42歳であしかけ20年勤めた会社を辞めたとあった。う~む、オレより10年も早かったのか。たなかさんとは同学年だから、いろいろな意味でそのあたりの機微がよく判る。

今回、たなかさんは「すみれ通信」の川崎彰彦の寄稿データを教えてくれた。この暑いなかダンボールを探してくれたようでひたすらありがたい。
スポンサーサイト

| 未分類 | 21:14 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。