PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

青木正美『「悪い仲間」考』

青木正美『「悪い仲間」考』を読んだ。
このあいだ、借りていた本の返却に図書館へ行き、ぶらぶらと小説が並ぶ書棚を見て歩いていると、この本を見つけ吃驚。青木正美がこんな本を書いていたことも知らなかった。

取り出してみると、表紙は若き日の安岡章太郎、古山高麗雄、石山皓一の写真を模写したもの。間違いなく安岡章太郎の「悪い仲間」について書いたものだ。奥付を見ると2007年9月に出ている、そんな前に出ていたのか。

それにしても、なぜ、この本が小説のコーナーにあるのか。これは評論もしくはエッセイの棚だろう。あとがきを読むと、「本書は、私の本当の意味の最初の創作集である」と冒頭にあった。どことなく腑に落ちないまま借りてきて読んでみた。

スポンサーサイト

| 未分類 | 23:02 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。