PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

捷平さんの再ブーム!?

この冬は寒さは厳しいものの、雪が少ない。もう、何日も雪が降っていない。といってもまるっきりではない。パラパラ降りはあるのだが、ドカとした積雪はしばらくないのだ。今朝は、からりと晴れあがった青空で、気持ちまで明るくなる。その分、しっぺ返しが来るのが通例だから、それが怖い。

この間、久しぶりに街中のジュンク堂に、いや、いまは丸善ジュンク堂というのだっけ、行ったのだが、そこで驚いたのが、幻戯堂の銀河叢書の木山捷平だ。しかも2冊も出ているのだ。この叢書は未刊行作品を収めたシリーズだから、木山捷平久々の"新刊"である。その前にも、講談社文芸文庫から『酔いざめ日記』がでて、単行本を持っているのに、つい買ってしまったばかりなので、う~んと棚の前で長考してしまった。なにしろ、¥4104-と¥3672-というお値段なんだから。『酔いざめ日記』」だって、¥2700-もしたんだぜ、高齢者には厳しいお値段である。でも、こうして、ショーヘイさんの本が出るのは本当に嬉しい。滝田淳一さんが粘り強く活動宇されている「木山捷平文学研究会」の功績は大きいだろう。このあいだ書いた内海さんの頑張りも特筆ものだ。
スポンサーサイト

| 未分類 | 11:17 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。